So-net無料ブログ作成
検索選択

NSP粘土 [製作記事]

モデラー向きの話になりますが最近ハマっているNSP粘土、新しい素材はワクワクします。(素材ジプシー)
インダストリアルクレイ(以下IDクレイ)というジャンルで主に映画の特殊メイクや、工業製品などデザインの見本製作に使われてきた固めの油粘土です。(モンスタークレイ、アルテも同じIDクレイ)
その中でNSPという名称のものを使っております。※自分が使っているNSPの硬さはハードです、他の硬さは未経験。
160628a.jpg

アナトミースカルプティングという本と一緒に道具と粘土を買って待つこと数年、使い始めは硬くて戸惑いますが本の頭蓋骨を作っていくと道具の使い方がわかって楽しくなったと同時に粘土の長所がわかります。
使う道具は左からカッターや木ヘラ、ワイヤーツール、クレイシェーパー、表面処理にはテレピン油というスカルピーとは違うものばかり。
主に使うのは木ヘラと指、細かいところや滑らかにするのはワイヤーツール、テレピン油とクレイシェーパーで表面を滑らかにしています。
160628b.jpg

最初は何を揃えればいいのかわからないのでHK STUDIO STOREからツールセットを購入しました。(サイズなどたくさんあるので他のツールはホライジングさん、造型ラボさんでも単品で販売されています。)
温めると液体になるのですが小さく盛るのであればあらかじめ皮むき器などでスライスしておけば指の体温で捏ねることも出来ます。
160628e.jpg

一番関心した部分は歪みが少ないところ、大きく削ったり押したりしても形が崩れないので硬化時間が無いのも手伝って進めやすい素材です。
バストモデルであれば硬さを生かして針金の骨組みがいらないところも気軽で良いです。
ただしパーツの多いキットや小さいスケールはスカルピー、エポシキパテのほうが向いていると思います、固まらない粘土なので細いと曲がりやすいです。
今回の胸像を作って解った事は小スケールは粗が目立ちます、クレイシェーパーで滑らかにするのですがどうしても段差が目立ちます。
テレピンでも溶かして滑らかになるのですが筆跡が出てきます、やり方はあると思いますが今の自分では手こずります。
やはり大きな造型向きなのかなとも思いましたが、原型は無理でもエスキース代わりに使えます。
flow01.jpg

160628d.jpg

※体質にもよりますが素手で触ると少しだけ指先が痒いです、出来れば手袋をしましょう、作業後は石鹸で念入りに手洗いを。
問題は型取り、この粘土は固まらないので硬いのですが触れば跡が少し付きます、どうやってシリコン型を作るかです。
モデラーで使われている方々の記事を検索すると一次原型としてキャストに置き換えて使っているようで、なんとかそのまま原型に出来ないかと模索してみようと思います。
メインの粘土になるかわかりませんが私にはとても作りやすい素材です、1パーツものならコチラを使いたいです。
ここまで出来たのも情報をブログで出していただいた方々を忘れてはいけません、とても役立つ事ばかりです、ありがとうございます。
NSPで複製、道具のキーワード検索でたくさん出てきます。(NSPだけでなくIDクレイは長年使われている方々ばかりです)
グレイクレイさんはIDクレイやワックスなど様々な素材でチャレンジされていてブログでご紹介されております。
ブログはこちら。
http://grayclay.cocolog-nifty.com/blog/
型取りもこれから試行錯誤して、出来ましたらブログにアップいたします。
使い始めなので継続して記事にしてみようと思います。

STORE通販専用ページを作りました [通信販売]

160611a.JPG

記事をトップに置きたいのですが設定が出来ないようなのでブログをもう一個作って通販専用ブログを作りました。
今後はこちらのページでお買い物をご利用下さい。
お手数お掛けしますがよろしくおねがいいたします。
何故ブログにこだわるのか。
http://sogeiya-store.blog.so-net.ne.jp/
現在の内容は以前の記事と同じです。

マジックスムース(接着剤) [製作記事]

塗装済完成品を出すにあたってキットの組立で以前から苦手な作業が「軸打ち」、強度を補うために金属の線を通してパーツを接着するのですが、ズレル、角度が微妙に違う、など苦労されてきました。
軸無しで強力な接着剤が無いかなと探したところ、どうやらマジックスムースがそれっぽいので試しに購入。
160519a.jpg

エポシキ系の接着剤で2液混合タイプ、内容はレジンとハードナーという二つの容器が入っています。
ハードナーは焼きとうもろこしのような香ばしい香りがします。
160519b.jpg

接着の仕方は、これは創芸屋なりの接着です。
レジンとハードナーを混ぜるときにドライヤーで暖めながら混ぜる事で強力な接着力が出ました。(冬場は特にオススメです)
一月に普通に混ぜてバイソンの頭を接着したところどうやら硬化不良、低い気温でゲル状に固まった膜がペロンと剥がれる状態に、暖める事で少し緩くなりますが冬は硬化促進にもなります。
暖かい季節なら普通に混ぜても問題ないようですが、念を入れて温めております。
トレフェスで出したキットの組立品は軸無しで全て接着したものを展示しました。
バイソンは重いキットですが振り回しても大丈夫な状態、かなり強力です。
160511g.jpg

硬化時間は一晩経てば固まる感じです、寝る前に接着しましょう。
使えるのはキットだけではなく日用品の補修にも便利、付加のかかる握り手などにも効果的に使えます。
160519c.jpg

会社のプリンターの握り手

160519d.jpg

実家の冷蔵庫の握り手

硬化後は硬いのでレッサーパンダの耳のような薄いパーツの裏にも塗って作業しました。
ちょっと不安で多めに付けてしまいがちなので控えめにグッとこらえて塗りましょう。
今まで使った接着剤の中では一番強力です。
販売はホライジングさんや造型ラボさん、里美デザインなどで販売しております。(使い方などはホライジングさんの左側にあるリンクにも紹介されております。)
軸打ちからの開放、オススメです。

トレフェス有明15の創芸屋 [イベント]

160511f.jpg

5/5日のトレジャーフェスタin有明15に参加して参りました。
この日はビッグサイトでコミティアゲームマーケットホビーラウンドとイベントが同時開催、入場者は参加していて一番多かった感じがします。
いつもはお昼にまったりとしていましたが14時付近までお客さんが多く見えました。
イベントの相乗効果ではないでしょうか、来年のこの時期も同じ感じで開催しないかなと期待しております。
設営はいつも通りですが、キットを触ってもらうコーナーもご用意したからかご説明などでブースから出られたのはわずか、バイソンのヘッドモデルに触っていただいた方が多かったです。
160511g.jpg

お客さんも原型師として活躍されている方も来られて、塗装の事も聞いてしまって長話失礼いたしました。
色々な方とお話出来てとても内容は充実しておりました、お越し頂きましてありがとうございます。
修正版のキングペンギンとレッサーパンダは交換の方が一人も問い合わせもまだ無い状態です、ご遠慮なく申しつけ下さいね。(目的はそこです。)
修正版のレッサーパンダが売れたのは1個だけで難しい世界だとつくづく思いました。
海外の方が来られて値札をまとめて展示していたらどれがこの値段なのか解らない、という問題も出てきまして次回のWFでは対策いたします。
では少なめですが撮影させていただきましたディーラーさんをご紹介。
まんまるわーくすさん
オリジナルの「りんごを剥く猫娘」「陸上部のケンタウロス」、いつもオリジナルが出来る方はどんな表現であれ羨ましく思う次第です。
可愛く出来ていてしかもあらゆるイベントにもなじむ守備範囲の広さを感じます。(けもけっとというぴったりのイベントも存在します。)
160511e.jpg

リサセッズさん
オリジナルのひつじっこ、曲線が綺麗なシンプルだけど魅力あるフォルムです。
プリパラから南みれぃ、明るい表情、雰囲気が素敵です。
160511d.jpg

おーばーしぇんけるさん
アルターで原型師としてご活躍されております、みさいるさんのWF2016夏に販売予定のカレンちゃん。
彼の原型が間近で見れるのもなかなか無いです、綺麗な髪と顔の表情 が印象的、WF夏を楽しみにお待ち下さい。
人が絶えない注目度でこのアングルしか撮れなかったです、申し訳ございません。
詳細はトレフェスレポート記事やツイッターにて。
みさいるかんぱにーのReiさんのフィリン展示、小物や細部もこだわっています。(ゲームのキャクターですが知識不足でスミマセン)
160511h.jpg

160511c.jpg

アーニトルさん
人食い博士は展示のみ、不敵な笑みとこの佇まい、雰囲気は怖いです。(WFで販売予定)
前回のトレフェスでも出ていたコブラは原作に忠実に仕上がっております、筋肉のラインが綺麗です。
色んなイベントに参加されております。
160511b.jpg


ご掲載させて頂きましたこちらも併せてご覧い下さい、ありがとうございます。(美少女フィギュアの中にスミマセン)
白船工房さんのFlickr→コチラ
アキバフォトグラフィさん→コチラ

次回の創芸屋は7月のワンダーフェスティバルに参加いたします、新作は冬にしようと思っておりますがそのまま出るのも何なので何か展示しようと進めております、お楽しみに。
WFではR.E.Factoryさんとの合同卓ですのでよろしくおねがいいたします。
会場、当ブースにお越し頂きましてありがとうございました、すぐですが(!)WFでお会いしましょう。

トレジャーフェスタin有明15のお知らせ [イベント]

トレジャーフェスタin有明15
2016年5月5日、東京ビッグサイト東1ホール 開場11時~17時
入場料¥1,5000-
全出展ディーラーリストはこちら

卓番号:A-キ-24

R.E.Factoryさんは今回お休みです、Sofvoto Mk1は有りませんのでご了承下さい。

map.jpg

●組立キット
レッサーパンダ ¥3,000-/15個(修正版、交換分も含む)
キングペンギン ¥1,000-/15個(修正版、交換分も含む)
プレーリードッグ ¥3,000-/8個
プレーリードッグ・ヘッドモデル¥2,500-/5個
アメリカバイソン・ヘッドモデル¥5,000-/3個
アメリカバイソン・ヘッドモデルB品¥2,000-/1個(頭部微細気泡、ベースと角に色むらあり、パッケージなし、写真下です。)
160504b.jpg


●塗装済完成品
レッサーパンダ ¥5,000-/5個(在庫のみで再販はございません、通販と共用です。)
キングペンギン ¥3,000-/2個
プレーリードッグ ¥8,000-/2個

160504a.jpg

キングペンギンの組立キットパッケージ、レッサーパンダはグレーの成形色になります。

通販はTF終了後に予定しておりますので少々お待ち下さい。
アメリカバイソンは夏のワンフェス(当選いたしました)で終わりとなりそうです。
大きいのでレジンの硬化熱が高く、型が長続きしません。(型が早く硬くなってしまうので抜きづらくなるという事です。)
修正版はパーツの接合は良好、というより前回が酷すぎでした、申し訳ございません。
毎回告知がギリギリですが何卒よろしくおねがいいたします。

コチラも何卒よろしくおねがいいたします。
http://sogeiya.blog.so-net.ne.jp/2016-03-23