So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

WF2016夏の創芸屋+R.E.Factory [イベント]

160731a.jpg

WF夏お疲れ様でした、当日はいつもの夏より気温低めで5番卓のおかげで荷物を持ってくるのが心底楽でした。
REFさんがディーラーパスを忘れてしまったので初めての再発行手続きも体験出来ました。
開場時間過ぎまで卓の準備、これは販売方法を考えないと準備も片すのも時間がかかるので今後の課題でもあります。
あと触れるキットも声をかけないとなかなか手を出しづらいですよね、こちらも何とかしたいです。
でもお客さんと会話しやすくなるというメリットもありました。
160731c.jpg

今回再販のみでいまいち元気が出なかったです、周りはほとんど新作でしたのでもうちっと頑張りたいところでした。
REFさんのSofvot Mk1は青と緑が人気でした、通販もするそうなのでTwitterとブログの告知をお見逃しないように。
160731b.jpg

お立ち寄りしたブースをご紹介。(ディーラー名をクリックでホームページへ)
解説はいたしません、是非とも会場で直にご覧いただきたいと思います。
(話し込んで展示を撮影し忘れた方はホント申し訳ございません)


160731d.jpg

ODEYAさん

160731f.jpg

160731g.jpg

160731h.jpg

MIDOROさん

160731i.jpg


160731j.jpg

160731k.jpg


160731l.jpg

senecaさん

160731o.jpg

160731p.jpg


160731m.jpg

160731n.jpg

TTToyさん

160731e.jpg

水玉蛍之丞作品集「ワンフェスのワンダちゃん」本の雑誌社さん

160731s.jpg

毎度当日を迎えるまでに色んなトラブルに見舞われます、忘れ物も毎回します、今回はバイソンの塗装見本を忘れてしまって申し訳ございません。
次回はREFさんのお誘いで11月のデザインフェスタ(間借)となりました、初めてなのでどうなるのか不安であり楽しみでもあります。
当ブース、会場にお越しいただきましてありがとうございました。
160731q.jpg

WF2016夏のお知らせ [イベント]

ワンダーフェスティバル2016Summer 7/24(日)千葉幕張メッセ1~8ホール 開場10~17時 入場料¥2,500-

卓版5-18-19です、企業ブースにやや近いです。
ガイドブックが発売されております、ページは96Pになります。
WFMapもご参考までに。http://wfmap.jp/W16S51819
map2016s.jpg

場所はココ

wf2016sbook.jpg

ガイドブック(入場券)

book96.jpg

96ページ、左上です。

創芸屋
●組立キット
レッサーパンダ ¥3,000-/15個(修正版、交換分も含む)
キングペンギン ¥1,000-/12個(修正版、交換分も含む)
プレーリードッグ ¥3,000-/8個
プレーリードッグ・ヘッドモデル¥2,500-/4個
アメリカバイソン・ヘッドモデル¥5,000-/3個
●塗装済完成品
レッサーパンダ ¥5,000-/3個
キングペンギン ¥3,000-/12個
プレーリードッグ ¥8,000-/2個
160718.jpg

他にNSPの作品(flow)を展示(溶けないかな)、キットの在庫は豊富です。
キングペンギンの完成品は数多めに用意してます、再販のみですがよろしくおねがいいたします。

R.E.Factory
Sofvot Mk1 イエロー1体/ブルー(新色)7体/グリーン8体/グレー(新色)9体
各¥5,000-
新色はブルーとグレー、先に通販をしましたが買い逃した方はこの機会に是非。
次回作のパネル展示も予定しております。
r01.jpg

r02.jpg

話題のキットは早く売り切れてしまうので、すべて周ってからお越し頂ければと思います。
2015夏は空調が効かない位(故障?)暑かった様なので対策を万全にお越し下さい、こまめに水分補給しましょう。
では会場でお会いしましょう、よろしくおねがいいたします。

NSP粘土 [製作記事]

モデラー向きの話になりますが最近ハマっているNSP粘土、新しい素材はワクワクします。(素材ジプシー)
インダストリアルクレイ(以下IDクレイ)というジャンルで主に映画の特殊メイクや、工業製品などデザインの見本製作に使われてきた固めの油粘土です。(モンスタークレイ、アルテも同じIDクレイ)
その中でNSPという名称のものを使っております。※自分が使っているNSPの硬さはハードです、他の硬さは未経験。
160628a.jpg

アナトミースカルプティングという本と一緒に道具と粘土を買って待つこと数年、使い始めは硬くて戸惑いますが本の頭蓋骨を作っていくと道具の使い方がわかって楽しくなったと同時に粘土の長所がわかります。
使う道具は左からカッターや木ヘラ、ワイヤーツール、クレイシェーパー、表面処理にはテレピン油というスカルピーとは違うものばかり。
主に使うのは木ヘラと指、細かいところや滑らかにするのはワイヤーツール、テレピン油とクレイシェーパーで表面を滑らかにしています。
160628b.jpg

最初は何を揃えればいいのかわからないのでHK STUDIO STOREからツールセットを購入しました。(サイズなどたくさんあるので他のツールはホライジングさん、造型ラボさんでも単品で販売されています。)
温めると液体になるのですが小さく盛るのであればあらかじめ皮むき器などでスライスしておけば指の体温で捏ねることも出来ます。
160628e.jpg

一番関心した部分は歪みが少ないところ、大きく削ったり押したりしても形が崩れないので硬化時間が無いのも手伝って進めやすい素材です。
バストモデルであれば硬さを生かして針金の骨組みがいらないところも気軽で良いです。
ただしパーツの多いキットや小さいスケールはスカルピー、エポシキパテのほうが向いていると思います、固まらない粘土なので細いと曲がりやすいです。
今回の胸像を作って解った事は小スケールは粗が目立ちます、クレイシェーパーで滑らかにするのですがどうしても段差が目立ちます。
テレピンでも溶かして滑らかになるのですが筆跡が出てきます、やり方はあると思いますが今の自分では手こずります。
やはり大きな造型向きなのかなとも思いましたが、原型は無理でもエスキース代わりに使えます。
flow01.jpg

160628d.jpg

※体質にもよりますが素手で触ると少しだけ指先が痒いです、出来れば手袋をしましょう、作業後は石鹸で念入りに手洗いを。
問題は型取り、この粘土は固まらないので硬いのですが触れば跡が少し付きます、どうやってシリコン型を作るかです。
モデラーで使われている方々の記事を検索すると一次原型としてキャストに置き換えて使っているようで、なんとかそのまま原型に出来ないかと模索してみようと思います。
メインの粘土になるかわかりませんが私にはとても作りやすい素材です、1パーツものならコチラを使いたいです。
ここまで出来たのも情報をブログで出していただいた方々を忘れてはいけません、とても役立つ事ばかりです、ありがとうございます。
NSPで複製、道具のキーワード検索でたくさん出てきます。(NSPだけでなくIDクレイは長年使われている方々ばかりです)
グレイクレイさんはIDクレイやワックスなど様々な素材でチャレンジされていてブログでご紹介されております。
ブログはこちら。
http://grayclay.cocolog-nifty.com/blog/
型取りもこれから試行錯誤して、出来ましたらブログにアップいたします。
使い始めなので継続して記事にしてみようと思います。

STORE通販専用ページを作りました [通信販売]

160611a.JPG

記事をトップに置きたいのですが設定が出来ないようなのでブログをもう一個作って通販専用ブログを作りました。
今後はこちらのページでお買い物をご利用下さい。
お手数お掛けしますがよろしくおねがいいたします。
何故ブログにこだわるのか。
http://sogeiya-store.blog.so-net.ne.jp/
現在の内容は以前の記事と同じです。

マジックスムース(接着剤) [製作記事]

塗装済完成品を出すにあたってキットの組立で以前から苦手な作業が「軸打ち」、強度を補うために金属の線を通してパーツを接着するのですが、ズレル、角度が微妙に違う、など苦労されてきました。
軸無しで強力な接着剤が無いかなと探したところ、どうやらマジックスムースがそれっぽいので試しに購入。
160519a.jpg

エポシキ系の接着剤で2液混合タイプ、内容はレジンとハードナーという二つの容器が入っています。
ハードナーは焼きとうもろこしのような香ばしい香りがします。
160519b.jpg

接着の仕方は、これは創芸屋なりの接着です。
レジンとハードナーを混ぜるときにドライヤーで暖めながら混ぜる事で強力な接着力が出ました。(冬場は特にオススメです)
一月に普通に混ぜてバイソンの頭を接着したところどうやら硬化不良、低い気温でゲル状に固まった膜がペロンと剥がれる状態に、暖める事で少し緩くなりますが冬は硬化促進にもなります。
暖かい季節なら普通に混ぜても問題ないようですが、念を入れて温めております。
トレフェスで出したキットの組立品は軸無しで全て接着したものを展示しました。
バイソンは重いキットですが振り回しても大丈夫な状態、かなり強力です。
160511g.jpg

硬化時間は一晩経てば固まる感じです、寝る前に接着しましょう。
使えるのはキットだけではなく日用品の補修にも便利、付加のかかる握り手などにも効果的に使えます。
160519c.jpg

会社のプリンターの握り手

160519d.jpg

実家の冷蔵庫の握り手

硬化後は硬いのでレッサーパンダの耳のような薄いパーツの裏にも塗って作業しました。
ちょっと不安で多めに付けてしまいがちなので控えめにグッとこらえて塗りましょう。
今まで使った接着剤の中では一番強力です。
販売はホライジングさんや造型ラボさん、里美デザインなどで販売しております。(使い方などはホライジングさんの左側にあるリンクにも紹介されております。)
軸打ちからの開放、オススメです。
前の5件 | -